通勤がしんどい理由と対策方法。我が家のびっくり新幹線通勤の体験談も!

仕事をする上で考慮するのが通勤。

我が家は今でこそ通勤なしの生活を送っていますが、様々な通勤方法や通勤時間を経験してきました。

「この通勤方法は大変だ!」
「この通勤は続けられないかも…」

そんなこともありました。

今回は

通勤がしんどい理由
我が家の通勤体験談
通勤がしんどいときの対策方法

についてお伝えします!

通勤がしんどい理由

通勤がしんどい!と思う理由は何なのでしょうか。例を挙げて説明します。

車の場合、運転が辛い

一言で通勤がしんどい、辛いと言っても、交通手段により辛さは異なるかも知れません。

車の場合、運転しなければいけないので集中力を使います。

仕事以外でも気力を使うので大変ですよね。

天気によっては運転がいっそうしんどく感じるかもしれません。

また、運転している間にできる娯楽は限られます。

自分の時間がなかなか確保できないしんどさはあるかもしれないですね。

電車やバスの場合、混んでいるのが辛い

電車やバスがしんどい場合、理由は混んでいるから、ということはありそうです。

空いていて座れるならまだしも、満員電車だとそれだけで疲れるからです。

ぎゅうぎゅうの状態では立ってるだけで辛いですし…

座っていても人との距離が近いので気を遣いますよね。

混雑しているところにいなければならないのは自覚がなくても、意外とストレスが溜まるものです。

自転車の場合、体力や天気がしんどい

自転車通勤をしている場合、体がしんどい、ということがありそう。

長距離だったら物理的に体が辛くなりますしね。

また、自転車の場合、天気に左右されますよね。

雨が降ってきたり、すんごく暑い日だったり…

そんなときは自転車通勤だとしんどいと感じてしまうかも。

交通手段に関わらず通勤の時間が長い

通勤手段は関係なく、通勤時間が長い!という人はそれだけでしんどいかも。

仕事だけで1日の多くの時間が拘束されます。

それに加えて通勤時間も長いとなると、自分の時間はほとんど無し…。

仕事と寝るだけの生活、しんどい!

となるのも無理はないですよね。

交通費の自腹を切っていてお金がしんどい

交通手段や時間にかかわらず、お金の問題、ということもあるかも。

交通手段や金額によっては、会社で全額支給にはならないことも。

のちほどお話しますが、私も新幹線通勤(自腹)をしていたことがあります。

まじで「働く意味とは…?」となりましたw

仕事に対するプレッシャー

「通勤がしんどい…」

そう思っていても、実はしんどいのは通勤ではなく仕事そのものだった!

そんなパターンもあるかも。

仕事ではいろいろなプレッシャーを感じることもあるかと思います。

通勤の間に仕事に想いを馳せるのはよくあること。

「あの商談うまくいくかな…」
「あの仕事、締切間に合うかな…」

心配なことばかり浮かんできて、通勤の時間がしんどい!

そんな理由もありそうです。

我が家の通勤がしんどかった体験談

電車通勤で1時間半

夫が独身時代、新卒の時は実家から会社まで電車通勤で1時間半かかっていました。

「まあ、会社員ってみんなこんなものだろう…」

そう思って通い始めたものの、どんどんしんどくなる日々。

満員電車だし、朝早いし、会社に着いた時点でもう疲れている…。

「通勤長すぎる!もう無理!」

となって引っ越すことになり、そのタイミングで「引っ越すならー!」と結婚することに(笑)

私も独身時代は、実家から会社まで電車通勤で1時間半かかっていました。

私の場合は徒歩時間が長かったので電車の時間は短かったです。

それでもやっぱり満員電車は辛かった。

このあたりの話、詳しくは下記記事でもお伝えしています。

関連記事

時間帯によっては避けがたい満員電車。 通勤等で毎日のこととなると、なかなか辛いですよね。 この記事では主に満員電車で通勤している方に向けて ・満員電車のストレスとは ・満員電車で頭おかしくなった体験談 ・満員電車を避ける方[…]

車通勤で1時間

これも夫の話です。

なんやかんやあり夫が転職することになり、転職先の企業は車通勤となりました。

距離はそこそこ近かったものの、渋滞がひどく、毎日の通勤は結局片道1時間かかることも多々。

渋滞していると、運転している爽快感もない。

時間無駄にしている感が満載…。

音楽やラジオを聴いているけれど、本当はもっと早く帰ってマンガ読んだりゲームしたい!

そんなしんどい日々でした。

まさかの新幹線通勤

転職やら引っ越しのタイミングで、まさかの新幹線通勤をしていたことがあります。

新幹線代が会社から出るわけもなく、もちろん自腹。

働いた給料はそのまま新幹線代に吸収されていきました…

新幹線はたまにのるとワクワクするものですが、自腹を切った新幹線通勤はお財布が痛かったです。

ある意味かなりしんどい通勤でした。

通勤がしんどい時の対策方法

これまでいくつか例を挙げて通勤がしんどいパターンをお伝えしてきました。

それでは、通勤がしんどい時の対策方法はどうすれば良いのでしょうか?

こちらも具体例を挙げて説明します。

交通手段が辛い場合、手段を変える

まず、特定の通勤手段が辛い場合、通勤手段を変える方法があります。

車通勤が辛いなら電車通勤にしてみる

電車通勤が辛いなら自転車通勤ができないか考えてみる

などですね。

手段を変えるだけで楽になることもあると思いますよ。

私みたいに新幹線通勤をしていた場合、在来線通勤にするだけでお財布の問題はかなり解決しますし…。

通勤時間が長いから辛い場合、引っ越す

そもそも通勤が長すぎてしんどいという場合、手っ取り早いのは引っ越す方法です。

通勤時間が長すぎてしんどいなら、仕事もなかなかやる気にはならないですよね。

通勤がしんどいとなると、平日の多くの時間がしんどい時間になってしまいます。

多少家賃が上がってしまったとしても、近くに引っ越すのはアリだと思います。

通勤の頻度を減らしたい場合、リモートワークの併用を検討する

「そもそも毎日通勤っていうのがしんどい!」

という場合、会社でリモートワークを併用できないかを検討するのはいかがでしょうか。

あんまりリモートワークを使っている人がいない場合でも、聞いてみたら案外OKだった!

というパターンもありますよ。

通勤が毎日でなくなるだけでかなり体力的なしんどさは減るのではないかと思います。

通勤時間をリフレッシュの時間にする

通勤時間が修行の時間になってしまっているなら、リフレッシュできることを探してみましょう。

車でも音楽を聴いたりラジオを聴くくらいのことはできます。

電車通勤なら、ぎゅうぎゅうの満員電車でなければ本やマンガを読むこともできますね。

自転車通勤なら運動の時間に!

自分なりにリフレッシュできることを試してみて、通勤のしんどさを紛らわしてみましょう!

今の仕事が好きでないなら、転職するのもあり

「そもそも今の仕事、こんなしんどい通勤するほどやりたいわけじゃない」

と気づいてしまったあなた!

転職活動をしてみるのもありだと思いますよ。

自宅の近くの会社に転職するのも良いですよね。

私たち夫婦のように、フルリモートの会社に転職して通勤を0にする!

というパターンもありますしね。

フルリモートワークの会社に転職した時の話は下記でも詳しく話しています。

関連記事

私はコロナ禍から、子供が生まれる前からリモートワークをしています。  ずっとリモートワークを続ける予定でいたのですが、コロナ禍が終わりに向かい、当時所属していた会社では出社が増加。 他家庭の事情もあり、「やっぱりリモートワークが[…]

一度転職サイトをのぞいてみてはいかが?

転職するなら転職エージェントの利用がおすすめ!

転職するなら転職エージェントの併用がおすすめです。

おすすめ転職エージェントについては関連記事で解説しているのでぜひご覧ください!

関連記事:30代男性がキャリアアップしたいときに使うべき転職サイト・エージェント4選

関連記事:30代子育て中でもキャリアを諦めない!女性におすすめの転職サイト・エージェント3選

すべて会員登録は無料なのでまずは登録から始めてみましょう!

おしまい!