通勤が片道1時間半は普通?メリットデメリットや時間の有効活用法と体験談

仕事をしていると悩ましいのが通勤時間。

私たち夫婦は、現在はフルリモートで仕事をしています。

ただ、以前は通勤時間が長かったです。

通勤時間0と通勤時間1時間半を両方経験した立場として、今回は

片道1時間半は普通?
片道1時間半のメリット・デメリット
通勤時間の有効活用方法
片道1時間半かけて通勤していた時の体験談

についてお伝えします!

通勤時間が片道1時間半(往復3時間)って普通?

通勤時間が片道1時間半になってくると

「結構長いなあ」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

通勤時間の平均ってどれくらいなのでしょうか?

総務省統計局の社会生活基本調査(2021)によると、日本全国の平均通勤時間は片道39分、往復1時間19分です。

平均が39分だということを考えると、片道1時間半というのはかなり長いということがわかりますね。

通勤が片道1時間半(往復3時間)かかるときのメリット

先ほどのデータで通勤が片道1時間半というのはかなり長いということがわかりました。

それでは、通勤時間が1時間半であるときのメリットはどんなものがあるでしょうか。

いくつか例を挙げて説明します。

電車なら自由時間がある

まずは、電車の中にいる時間が長いなら、その間に自由時間があるということです。

超満員電車で身動きが全くできないとなると別ですが、そうでなければ電車の中は自由時間ですね。

通勤時間が長めなので、仕事モードに気持ちを切り替える良い時間になるかもしれませんね。

家賃が安く済む

会社が都心で、自宅が郊外の場合、家賃が安く済む場合が多いです。

「通勤時間が長くてもいい!」

という一番の理由はこれなのではないでしょうか。

家賃は毎月のことなので、費用として抑えられるのは確かに大きい。

片道1時間半もかけると、都心からはだいぶ離れますよね。

家賃を抑えるために郊外に住むという選択肢を取る方は多いと思います。

電車なら休日も定期圏内が乗り放題

家賃と同様、金銭的なメリットがあるのが定期券。

休日も乗り放題なのは嬉しいですよね。

しかも通勤時間が長いために、定期券で行ける範囲も広いのが嬉しいポイント。

「定期券があるから通勤時間が長くても全然良い!」

という方は一定数いるでしょうね。

終業後、会社の人との関わりを少なくできる

「会社の人とプライベートでは関わりたくない…」

という方にはメリットになりそうです。

通勤時間が片道1時間半もあると、終電も早くなるからです。

「会社の人と飲み会に行きたくない!」

そんな方は、会社と自宅が離れているとメリットがありそうです。

休日にばったり会社の人に会いたくない、という場合にも良さそうですね。

通勤が片道1時間半(往復3時間)かかるときのデメリット

先ほどは片道1時間半かかるときのメリットをお伝えしました。

それでは、反対にデメリットについてもいくつか挙げてみます。

幸福度が下がる

通勤時間が長いと幸福度が下がるという研究結果が出ています。

ニッセイ基礎研究所(2020年)によると、通勤時間が長くなれば長くなるほど、幸福度が下がるそうです。

反対にいうと、通勤時間が短ければ短いほど、幸福感が高いと言えます。

こんなにはっきり通勤時間と幸福度が関わっているというのは驚きですね。

毎日往復3時間の拘束時間がある

片道1時間半の通勤時間があるということは、往復で3時間です。

つまり、毎日3時間の拘束時間があるということです。

そうやって考えると、結構な時間の長さですよね。

「片道1時間半ならまあなんとかなるな」

と思ってみても、往復で考えると長く感じますね。

平日は仕事と通勤でほとんどの時間が終わっていく状態なのではないでしょうか。

通勤で体力的、精神的に疲れる

通勤は体力的、精神的にも疲れるもの。

混んでいる車内なら立っているだけで疲れちゃいますよね。

座れたとしても、すぐ近くに知らない人が座りますし、

「電車の中でリラックスできる!」

とまではいかない状況。

毎日のことなので、どうしても疲れてしまうということはあると思います。

終業後、会社の人との関わりが持ちにくい

「会社の人ともっと飲みに行きたい!遊びに行きたい!」

そんな、コミュニケーションが好きな方にはデメリットになりますね。

通勤時間が長いのは寂しいポイントかもしれないです。

終電も早いですし、休日に会いに行くのも大変ですもんね。

会社の人と飲みに行きたい人は、会社の近くに住んだ方が良いのかも(笑)

交通機関の遅延の影響が大きい

通勤時間が長くなると、交通機関の影響が大きくなりがち。

片道1時間半だと、電車の乗り換えのタイミングで遅延のダメージを受けたり…

車通勤でも渋滞の影響を受けやすく、時間が読みにくいですよね。

そのため、遅刻しないか心配することも多いのでは。

遅延の影響を受けやすいというのも、通勤時間が長いデメリットになりそうです。

通勤が片道1時間半(往復3時間)のときの活用方法

これまで、通勤が1時間半かかる場合のメリット、デメリットをお伝えしてきました。

それでは、通勤1時間半かかる場合に、その時間を有効活用するのはどうすればよいでしょうか。

いくつか具体例を挙げてみます。

運動、エクササイズの時間にする

周りの方に気づかれない程度に、エクササイズの時間にするのはいかがでしょうか。

「普段、運動全然できていないな」

そんな時間を有効活用できますね!

立っているならつま先立ちしてみたり、座っているなら両足を閉じてみたり。

ちょっと意識するだけで簡単に鍛えられますね。

また、徒歩が長い方はそれだけで良い運動になります。

厚生労働省(1999)によると、週2回以上、1回30分以上の息が少しはずむ程度の運動を習慣にするとよいそうです。

通勤時間が長いからこそ、時間を有効活用できますね。

読書やネットサーフィンをする 

電車通勤なら、1時間半の時間を読書やネットサーフィンなど、趣味の時間に充てるのはいかがでしょうか。

電車の中は静かなので、結構集中できるものです。

今はスマホで気軽に読書ができますし、オーディオサービスを利用すれば聞くだけで読書も可能です。

SNSで好きなコンテンツを見たり、流行りをチェックする時間にするのもいいですね。

音楽やラジオを聴く

好きな音楽やラジオを聴く時間にするのはいかがでしょうか。

車通勤や徒歩、混んでる電車でも、耳はいつでも空いている状態。

どんな環境でも、聴くことはできる…!

音楽やラジオなど、お気に入りのものを仕事前に聴いて、テンション上げるのはいかがでしょうか。

雑用など細かいタスクを片付ける

電車通勤なら、細かい雑用を済ませてしまうというのも一案です。

家に帰ってからはリラックスの時間にできるからです。

例えば、ネットショッピングであれば買い物を済ませておくことができますね。

子育て中なら、よりおすすめです。

友達のママさんは通勤時間中に生協の注文を済ませておくと言っていました!

ほかにも、スマホで仕事のメールなどが確認できるなら、さっとチェックを済ませてしまうのもいいですね。

他にできることがないからこそ、集中してタスクを片付けられる時間にできますね。

ぼーっとする

「通勤の時間は何もしない!」

そう割り切って、ぼーっとする時間や、うとうとする時間にするのもいいのかも。

ただでさえ長い通勤時間。

頑張りすぎると疲れてしまいますよね。

ぼーっとして心や体を休ませて、仕事は頑張る!

そういう考え方でも良いと思います。

通勤を片道1時間半(往復3時間)だったときの体験談

現在は夫婦共にフルリモートの我が家ですが、片道1時間半かけて通勤していた時期もありました。

その時の体験談をお伝えします。

電車1時間+徒歩30分のパターン(私)

電車に乗っている時間は1時間程度だったのですが、最寄駅から遠かったため、片道30分歩いていました。

また、電車の1時間も乗り換えを含んでいるため、実際に電車に乗っている時間は短めでした。

歩いている時間が長かったこともあり、通勤時間が長いなあとは感じていなかったです。

また、絶対に毎日歩かないといけないため、良い運動になりました。

ただ、満員電車ではあったのでそれは辛かったですね。

満員電車のストレスについては下記でもお伝えしています。

関連記事

時間帯によっては避けがたい満員電車。 通勤等で毎日のこととなると、なかなか辛いですよね。 この記事では主に満員電車で通勤している方に向けて ・満員電車のストレスとは ・満員電車で頭おかしくなった体験談 ・満員電車を避ける方[…]

電車1時間15分、徒歩15分(夫)

これは夫の独身時代の通勤時間です。

乗り換えは3〜4回あり、いずれも満員電車でした。

会社に着くまでに疲弊し、「とても続けられない」と思ったとのこと。

夫の話を聞いていると、歩いている時間が長いよりも、電車の時間が長い方が大変なのでしょうね。

また、電車の混雑具合によっても、疲弊具合は違うんだなと。

我が家はこれをきっかけに夫が会社の近くに引っ越すことになり、そのタイミングで結婚しました(笑)

通勤時間1時間半(往復3時間)が辛いときの対策方法

通勤時間の1時間半が辛いと感じているなら、どうすれば良いでしょうか。

いくつか案を挙げます。

交通手段を変える

ひとつめは、交通手段の変更を考えるというものです。

例えば車通勤の場合、1時間半の運転中は運転しなければいけません。

そうなると、通勤時間中にできることは限られますよね。

電車やバス通勤であれば、スマホを触ることはできるので、その時間を有効活用することは可能です。

また、運動が嫌でない場合、自転車通勤を組み合わせるという方法もあります。

電車だと回り道をするので1時間半かかるけれど、自転車だとそこまで時間がかからない!

そんなパターンもあります。

また、夫は自転車通勤をしていた時期もあるのですが、良い運動になって快適だったとのこと。

今の通勤が辛いなら、通勤手段を見直してみるのも良いですね。

引っ越す

手っ取り早いのが、会社の近くに引っ越すことです。

「自宅と会社が近い方が快適だな!」

というのは想像がつくかと思います。

通勤が辛いなら、家賃が上がったとしても、引っ越して快適な生活を手に入れるというのはありですよね。

夫も会社の近くに引っ越した経験がありますが、「だいぶ楽になった」と言っていました。

現在住んでいるところと会社の近くでの家賃を比較してみてはいかがでしょうか。

家賃が多少上がっても現在の収入でやりくりできるなら、引っ越すのも手ですね。

リモートワークが可能か検討する

リモートワークで仕事ができないか、検討してみるのもいいですね。

通勤時間が0になれば通勤のストレスも0です。

職種によると思いますが、可能であればぜひ利用したいところ。

毎日とはいかなくとも、週の何日かリモートワークになるだけでもだいぶ変わります。

思い切って会社に相談してみてはいかがでしょうか。

転職する

住む場所は変えたくないし、リモートワークもできないなら、仕事を変える方法もあります。

「今の仕事があまり好きではない」

「長時間通勤をするほどでもない」

そんな場合もありますよね。

自宅近くの職場とか、リモートワークが活用できる仕事に思い切って転職するのもいいですね。

我が家は夫婦そろって、通勤時間を0にしたくてフルリモートで仕事できる会社に転職しました。

関連記事

私はコロナ禍から、子供が生まれる前からリモートワークをしています。  ずっとリモートワークを続ける予定でいたのですが、コロナ禍が終わりに向かい、当時所属していた会社では出社が増加。 他家庭の事情もあり、「やっぱりリモートワークが[…]

転職するなら転職エージェントの利用がおすすめ!

転職するなら転職エージェントの併用がおすすめです。

おすすめ転職エージェントについては関連記事で解説しているのでぜひご覧ください!

関連記事:30代男性がキャリアアップしたいときに使うべき転職サイト・エージェント4選

関連記事:30代子育て中でもキャリアを諦めない!女性におすすめの転職サイト・エージェント3選

すべて会員登録は無料なのでまずは登録から始めてみましょう!

おしまい!