テレワーク終了がつらい!対策方法や体験談

コロナの影響で一時的にテレワークを行なっていた会社も、出社への揺り戻しが起こっています。

今回は、テレワークが終了してしまう背景や理由、「テレワーク終了!」と言われた時にするべき対策方法と、我が家の体験談についてお伝えします。

テレワーク終了の背景と理由

「テレワーク終了!」と言われる背景は何なのでしょうか。

例えば以下が考えられます。

・コロナが5類に移行されたから
・従業員同士のコミュニケーションを円滑に進めるため
・業務の報告連絡相談などスムーズに行うため
・出社しないとできない仕事があるから

ひとつずつ詳しく説明します。

コロナが5類に移行されたから

テレワークが終了した理由の1つ目は、コロナが2類から5類に移行した、ということが挙げられます。

緊急事態宣言も解けてからしばらく経ち、かつインフルエンザなどの感染症と同等の扱いになったため、出社の制限がなくなったんですね。

コロナ前の生活に戻る、ということで、出社を再開する会社は多くあるようですね。

従業員同士のコミュニケーションを円滑に進めるため

テレワークが終了した理由の2つ目として、コミュニケーションを円滑に進めるため、ということが挙げられます。

テレワーク中は従業員同士のコミュニケーションがほとんどなく、孤独感があったり、仕事のモチベーションがあがらない、と感じた方も多かったかもしれません。

ちょっとした雑談やランチなど、従業員同士のなんてことないコミュニケーションは、大切さに無くなって初めて気づくこともあったかもしれません。

このように、コロナ禍でコミュニケーションが不足していた、と感じていた会社は、コロナ明けで出社を勧めることになるでしょう。

業務の報告連絡相談などスムーズに行うため

出社した方が業務が早く進む、というのも理由の1つです。

報告、連絡、相談は、ちょっと声をかけて伝えるというのが手っ取り早い、と感じる方も多いでしょう。

何かを指導する際にも、相手の手元が見えている方が教えやすいです。

このように、業務をスムーズに進めるために出社を推し進めるという会社も多いのではないでしょうか。

出社しないとできない仕事があるから

出社しないとできない業務を抱えている人は、緊急で行われていたテレワークが無くなってしまった、という人も多いのでは。

例えば書類にハンコを押したり、書類を郵送したり、などですね。

一時的にリモートワークをしていた人は、もう出社することが基本の生活に戻っているのではないでしょうか。

テレワーク終了の影響

テレワーク終了!と言われた時の影響は、例えば以下が考えられます。

・通勤時間の増加やそれに伴うストレス
・ワークライフバランスの崩れ
・オフィスでの環境や雰囲気へ適応しないといけない

上記についてひとつずつ説明します。

通勤時間の増加やそれに伴うストレス

テレワークが終了したことによる影響の1つとして、通勤時間の増加とそれに伴うストレスが挙げられます。

テレワークをしていたことでこれまで通勤時間が0だったのに、徒歩や電車、車での通勤が復活するとなると、往復30分から長い人だと2時間以上拘束時間が増えることになります。

満員電車や何もできない車の運転中などは、どうしてもストレスになりがち。

テレワーク終了の影響としては大きいでしょう。

ワークライフバランスの崩れ

テレワークが終了したことによる影響の2つ目は、ワークライフバランスが悪くなるということです。

通勤時間をプライベートに使っていたのに、その時間が通勤に当てられてしまいますから当然です。

通勤時間がなかったことで余裕ができていた家事や育児、趣味の時間が減ることでストレスになる方もいるでしょう。

テレワークが終了することによる影響は大きいですね。

オフィスでの環境や雰囲気へ適応しないといけない

テレワークが終了したことによる影響の3つ目は、オフィスの環境や雰囲気に慣れないといけない、ということです。

これまで自宅で、自分の快適な環境を用意していた方には影響が大きいでしょう。

気温や室温だけでなく、椅子やデスク周りなど、会社では自分仕様にできるとは限りません。

物理的に会社の環境に合わせなくてはならないというのは影響が大きいでしょうね。

テレワーク終了!を告知された体験談

実際にテレワーク終了!を告知された時の私たちの体験談をお伝えします。

私も夫も、元々はフルタイムで出社の会社にいました。

それがコロナ禍をきっかけに完全在宅に。

特に夫は車通勤だったので、それが無くなったことストレスが激減!

プライベートの時間も確保できる様になりました。

ほどなくして私は妊娠。

在宅で仕事できるということは感染症対策にもなりとてもありがたかったです。

ほどなくして産休へ。

コロナ禍真っ最中で出産、子育てを始めた私は、第1子の育休明け直前に第2子を妊娠が発覚します。

それと同時期に夫の会社では出社回帰の雰囲気に。

テレワーク終了だけが理由ではなかったですが、仕事と家庭の両立を考えた時に、出社回帰になるのは困るといことで転職活動を始めます。

結果的に、夫の転職で引っ越すことに。

私の会社も出社と在宅のハイブリットワークが推奨されるようになり、退職を余儀なくされます。

このように、我が家の場合はテレワーク終了と子育ての開始が重なり、転職を考えるきっかけとなりました。

そして実際に、夫婦共に転職することになったのです。

テレワーク終了!と言われたら転職を検討しよう

テレワーク終了!と言われたら、転生活動を検討してみましょう。

転職活動を検討するメリットはいくつかあります。

・キャリアの見直しのきっかけになる
・テレワーク可の会社を探せる
・給料や福利厚生が向上する可能性がある

ひとつずつ詳しく説明します。

キャリアの見直しのきっかけになる

転職活動を検討するメリットの1つ目は、キャリアの見直しのきっかけとなるということです。

テレワーク終了!で仕事を続けるか悩むということは、そこまで好きな仕事ではなかったのかもしれません。

テレワーク終了をきっかけに、今後の自分のキャリアを見つめ直すのはいかがでしょうか。

テレワーク可の会社を探せる

転職活動を検討するメリットの1つ目は、テレワーク可能である会社を探すことができるということです。

これまでの経験でテレワークのメリットを感じていて、テレワークに適応しているのであれば、それを活かした別の仕事が見つかるかもしれません。

まずはテレワーク可な会社があるかどうか、探してみることをおすすめします。

給料や福利厚生が向上する可能性がある

転職活動を検討するメリットの3つ目は、給料や福利厚生が向上する可能性があるということです。

たとえテレワーク可能な会社が見つからなかったとしても、今よりも給料が高く、福利厚生が充実している会社が見つかるかもしれません。

きっかけはテレワークが終了してしまうということですが、まずは他にどんな会社があるのか、広く探してみるのはいかがでしょうか。

転職するなら転職エージェントの利用がおすすめ!

仕事をしながら転職活動をす流となると忙しいですよね。

忙しいあなたが転職活動をするなら、転職サイトだけでなく、転職エージェントの併用がおすすめです。

おすすめ転職エージェントについては下記記事でまとめています!

関連記事:30代子育て中でもキャリアを諦めない!女性におすすめの転職サイト・エージェント3選

関連記事:30代男性がキャリアアップしたいときに使うべき転職サイト・エージェント4選