転職と引っ越し同時に行うとストレスになるのは何故?我が家の体験談をご紹介!

転職と引っ越し、どちらも生活がガラッと変わるもの。

転職と引っ越しを同時に行うと、どうしてストレスになるのでしょうか?

我が家は夫婦で転職と引っ越しを同時に2度を行った経験があります。

その経験を踏まえてこの記事では、転職や引っ越しをされる方に向けて

・転職と引っ越しを同時に行うとストレスになる理由
・転職と引越しのストレスを少しでも減らす方法
・転職と引っ越し同時に行った際の体験談
について書いています!
目次

転職も引っ越し同時に行うとストレスになる理由

転職と引っ越し、どちらか一方でも結構なストレス

転職と引っ越し、同時に行うとストレスになるのはどうしてなのでしょうか?

そもそも、転職と引っ越し、どちらか一方でも結構なストレスであることがわかっています。

心理学ではこんな研究結果があります。

配偶者の死のストレスを100としたとき…
転職によるストレスレベルは36
引っ越しによるストレスレベルは20

(参考:ホームズの社会的再適応評価尺度

結構ストレスが高いことがわかりますね!

親友の死と転職のストレスレベルがほぼ一緒、そして引っ越しと転校のストレスがほぼ一緒…

そんな大きなイベントが二つ同時にやってくるのですから、ストレスを感じるのも無理がありませんね。

これから転職活動を始める方は、なるべくストレスをためずに進めていきたいですよね。
そのためには、転職サイト・転職エージェント利用が必須です。これは転職における最低装備!
まずはサクッと会員登録だけでもしておきましょう!

関連記事:30代子育て中でもキャリアを諦めない!女性におすすめの転職サイト・エージェント3選

物理的に時間に追われて忙しくなる

転職も引っ越しもたくさんの時間を費やすものです。

仕事をしながらの転職活動は忙しくなりますし、転職が決まってからも「健康診断受けなきゃ!」「今の職場の仕事、引き継ぎしなきゃ」など、やることはもりだくさん。

引っ越しは日程もシビアで、「引っ越し先の内見しなきゃ!」「引っ越し業者どうしよう?!」「いつまでに梱包しないと!」とタスクに追われることも多いかと思います。

物理的に自分が使えるプライベートの時間が少なくなることもしばしば。

そりゃあストレスが溜まりますよね!

これから転職される方は転職サイト・転職エージェントの登録が必須。忙しいあなたが効率よく進めていくためには登録は必須です。サクッと登録してしまいましょう!

関連記事:30代男性がキャリアアップしたいときに使うべき転職サイト・エージェント4選

新しいことを始めるから調べたり学んだりしないといけない

転職も、引っ越しも、新しい日常が始まるもの。

転職では一から仕事を覚えないといけないですから、日々頭フル回転!になりますよね。

引っ越しも近所のスーパーやら薬局やらどれがいいかな…と探したりしないといけない。

お子さんがいらっしゃるなら保育園や病院も調べないといけないですし、自分のこと以外にもやることがたくさんありますね。

そんな日々はストレスがかかるものです。

ただでさえ忙しい転職と引っ越し。せめて転職活動はさくっと終わらせてしまいたいですよね、そのためには転職サイト・転職エージェントの登録が必須。まずはサクッと登録してしまいましょう!

関連記事:30代子育て中でもキャリアを諦めない!女性におすすめの転職サイト・エージェント3選

これからどうなるんだろう…という気持ちが湧いて不安になる

転職と引っ越し、両方行うということは、新しいことを同時に始めるということ。

新しいことを始めるときは、不安になるものです。

転職だったら「仕事はうまくいくかな」「職場の人はいい人たちだといいな」とか思ったり。

引っ越しも、「ここがいい!と思って引っ越すけど、本当に住みやすいかな」「ご近所さんどんな方々だろうな」みたいなことが思い浮かぶと思います。

そんな不安を抱えた状態ですから、それはストレスになるものです。

転職活動は不安を伴うもの。一人で孤独にすすめるよりも、転職エージェントを活用する方が精神的にも良いですよ。私もエージェントの方にたくさん励ましてもらい、助けてもらいました。転職できるかな…不安なことも具体的な解決策を提示してくれます。まずはサクッと会員登録!

関連記事:30代子育て中でもキャリアを諦めない!女性におすすめの転職サイト・エージェント3選

転職と引っ越しのストレスを解消する方法

転職と引っ越し、どちらもストレスがかかるものですが、それではストレス解消はどうすればよいのでしょうか?

いくつか例を挙げてみます。

これから転職活動する方は、転職エージェントの利用が必須

転職活動を始める方は、転職サイト・エージェントを利用しましょう!

「今の仕事で忙しいのに転職活動の時間取れるかなあ…」「ストレスはなるべく溜めないで転職したい…」

そんなあなたには転職エージェントの利用が必須です。

転職エージェントは転職するまでの筋道を見つけてくれます。

また、転職活動って採用面談の日程調整や条件の交渉など、やらなければいけないことはたくさんあります。正直面倒ですよね…

でも!そんなめんどくさいことを転職エージェントを活用すればお任せすることができます。

まずはサクッと会員登録!

関連記事:30代男性がキャリアアップしたいときに使うべき転職サイト・エージェント4選

しばらく休みの日はゆっくりしよう

転職したら、しばらく新しい仕事に慣れるまで大変ですよね。

引っ越しも、梱包や荷解きなどやることはたくさん。

ですが、ストレスを解消するためには、休みの日の過ごし方が大切です。

休みの日にしっかり休み、気分転換に新しい土地を散歩するなどしてみましょう。

「仕事は早く覚えたいから休日も勉強しなきゃ!」
「荷解きしていたらこの家具足りないから買いに行こう!」

とか、いろいろ考えるかと思いますが、最初に頑張りすぎないことが大事。

健康を損なってしまうのが、一番良くありません。

ゆっくり休んで、少しずつ、ゆっくり慣れていきましょう。

転職や引っ越しなどの環境の変化は、家族全員でサポートし合おう

家族で転職、引っ越しをするならば、家族でサポートし合う必要がありますね。

引っ越しについてきた家族も少なからずストレスは感じるもの。夫婦の場合、お互いのキャリア形成は少なからず影響がでてきます。

結婚していて、転職する時はぜひファミリーキャリアについても検討してみてください。ファミリーキャリアとは、夫婦が生涯どのようなキャリアを築いていくのかを考えていくことです。

一度、転職のタイミングで話し合ってみてはいかがでしょうか。我が家もこれをやってから一致団結!で動けるようになったのでとてもおすすめです。

家族で協力し合って、大変なことは分担しながらやっていきましょう!

関連記事:ファミリーキャリアとは? 子育て夫婦に必要な未来の話をしてみよう

転職と引っ越しを同時にするときの注意点

転職と引っ越し、両方同時にするというのは結構なストレスなんだな…ということがお分かりいただけたかと思います。

次は、転職と引っ越しを同時に行う際に注意しておくべきことについてお伝えします。

引っ越し先は転職先の内定をもらってから決めるべし!

転職と引っ越し同時に行う、と言っても行うべき順番があります。

流れとしては、下記がおすすめです。

①転職活動
②内定受諾し勤務地を確定
③引っ越し

転職が先、引っ越しが後、ということですね。なぜなら、転職活動をしながら先に引っ越しをしてしまうと

「先に引っ越しちゃったけど、思ったより転職先が遠かった!通えない!」
「先に引っ越しちゃったから、良いと思った会社の内定を辞退しないといけない…」

みたいなことが起こってくるからです。そうなるとせっかく頑張った転職活動が無駄になってしまうので、気をつけてくださいね。

これから転職活動を始める方は、なるべくストレスをためずに進めていきたいですよね。
そのためには、転職サイト・転職エージェント利用が必須!こういった「転職が先、引っ越しが後」みたいな転職の基本的な進め方も転職エージェントを活用すれば教えてもらうことができますよ。
まずはサクッと会員登録だけでもしておきましょう!

関連記事:30代男性がキャリアアップしたいときに使うべき転職サイト・エージェント4選

引っ越しは3〜4ヶ月先だけど、家探しておこう!はあまり意味がない

「内定が出てから家を探して、良い家がない!となったら困るのでは?」

と考える方もいらっしゃるかと思います。

「不安だから、先に家も探しておこう」みたいな。

しかし、賃貸というのは3ヶ月先、4ヶ月先に入居したいという約束は難しいことが多いです。

なぜなら、あまりにも入居が先だと大家さんはその空白の期間の家賃がもらえなくてもったいないから。

私も不安で夫が転職活動中に家を探そうかと不動産屋に電話したことがあるのですが

「それだけ先だと他の方で埋まってしまう可能性があるので1〜2ヶ月前にまたご連絡ください」

と言われました。

結局は勤務地が確定して、なおかつ1〜2ヶ月後、くらいになってから通える範囲のところに引っ越しするしかないということになります。

どうしても気に入らなかったら、また希望の家を探して引っ越すこともできますしね。

スムーズに引越しする方法

無事転職活動が終わり内定が出て、引越しをしよう!となった場合の、スムーズに引っ越すコツをお伝えします。

引っ越し業者は見積もりを複数とる

ひとつめは、引っ越し業社の見積もりを複数とるということです。

引っ越し代金は業社によって全っ然!金額が違うからです。

先日、妹が業社を使わず、友達だけで引っ越しをしたらしいのですが、冷蔵庫とか洗濯機とか、素人ではめっちゃ大変だったらしいのでおすすめしないです。

賢く業社を使って、お得に引っ越し準備を進めましょう!

我が家は引越し侍を使って、相見積もりをした結果、3万円くらい安くなりました!


荷造り、荷解きを手伝ってもらう、有料オプションを使う

荷造り、荷解きは手伝ってもらうとかなり楽です。

「ただでさえ転職活動が終わってストレスフルな状態で、引っ越し頑張れる気がしないよ…」

そんな方は、業者によって荷造り、荷解きもセットになっているプランがおすすめです!

引越しの負担を少しでも減らしたい方は、荷造り、荷解きを手伝ってもらいましょう。

私も1歳の息子を連れて妊娠中に引っ越しを行ったときは、荷解きプランを+2万くらい払ってお願いしました。

めっっちゃ楽だったので、体力温存したい方にはぜひ検討してみてください。

転職と引っ越し同時に行った体験談とスケジュール

我が家は2回、転職と引っ越し同時に行った経験があります。体験談の前に…

私たち夫婦は、仕事しながらの転職活動はとても忙しかったため、転職サイト・エージェントを使って効率よく進めていけました。

会員登録は無料なので、まずはポチっと登録。転職活動は転職サイト・エージェントなしに始まりません!これないと無理ですね。

さっさと登録して転職活動に備えましょう。

関連記事:30代男性がキャリアアップしたいときに使うべき転職サイト・エージェント4選

夫婦共働き、DINKSだったときの体験談

私と夫は、都内から栃木に転職と引越しを同時に行った経験があります。当時は私も夫も働いていて、子どもはいませんでした。その時の体験談をお伝えします。

某年12月、夫が内定を受諾し勤務地決定。物件探し

夫が第一希望の会社に内定が出たため、栃木県内に勤務地が決定しました。その勤務地に通える場所の物件を探し始めました。

関連記事:30代男性がキャリアアップしたいときに使うべき転職サイト・エージェント4選

某年1月、物件内覧、私が転職活動開始

物件の内覧が完了して新居の目処がたった頃、私が転職活動を開始しました。自宅から通える範囲で仕事を探すためです。

夫婦共働きで転職活動をする場合は、このようにどちらかを主軸に置いて時期をずらして行うのがおすすめです。

夫婦同時に転職活動を始めてしまうと、勤務地がバラバラになって一緒に住めなくなってしまうからです(別居前提であれば問題ないのですが)。

我が家の場合は、夫の仕事が先、新居が確定してから私が転職活動をすすめる方針となりました。

関連記事:30代子育て中でもキャリアを諦めない!女性におすすめの転職サイト・エージェント3選

某年2月、夫が先に引越し。私は実家から旧職場に通う週末婚。私の内定がでる

夫が新職場に2月から勤務が始まったため、先に引越しをしたのですが、私は3月末まで仕事を辞められませんでした。

私は退職までの2ヶ月近くを実家から通うことにしました。金曜〜日曜は新居に住むという週末婚状態に。

(新幹線で行き来していたので交通費が悲鳴をあげていました…もちろん自腹…この頃は貯金も全然なかった)

2月末頃には私も新しい職場に内定が出ました。

関連記事:30代子育て中でもキャリアを諦めない!女性におすすめの転職サイト・エージェント3選

某年3月〜4月、私も新居に引越し。新職場に通う

3月31日まで私は旧職場で仕事をし、それから新居に引越しをしました。

当時の職場は有給もなくて休むことができなかったので、ぎりぎりまで働いていたんですよね。

4月1日から新職場に通うことになり、結構大変でした…若かったからできたのかも。笑

ええ、そりゃあもうストレスでした!この頃は新幹線でコーヒー飲むのが息抜きでしたね。

夫婦共働き、子ども1人、妊娠中だったときの体験談

今回の場合は、夫の転職が決まり、私が第一子育休中で復帰直前、かつ第二子妊娠中に引っ越し!

となったパターンです。

私は妊娠中だったため転職活動はせず、退職してから引っ越すはずが…となったパターンです。

なかなかレアケースだと思いますが、だからこそ体験談は少ないかと思います。

こちらについては別記事でまとめているので、子どもあり、妊娠中バージョンをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

関連記事:育休中に夫の転職で引っ越し!妻の仕事どうする?保育園の手続きなど体験談も

転職と引っ越しを同時期に行うのはストレスが溜まるもの。自分を労わりながらすすめていこう!

転職と引っ越し。どちらもストレスがかかるものだということがお分かりいただけたかと思います。

共働きで勤務地が変わる場合はなおさら。無理せず、しっかり休みをとりながらすすめていましょう。

我が家の体験談も参考になれば幸いです。

転職するなら転職エージェントの利用がおすすめ!

働きながらや引っ越しも加味した転職となると忙しいですよね。

転職するなら転職エージェントの併用がおすすめです。

おすすめ転職エージェントは下記です。

マイナビエージェント

(画像は公式サイトより引用)

自分に希望職種に合いそうなエージェントの方とやりとりができるから安心です。

私も何人かのエージェントの方から連絡をいただき、サイト上で質問を送り、その回答でいいな!と感じた方とキャリアカウンセリングを予約しました。

電話で気軽にキャリアカウンセリングができるのも良かったです。

エージェントが全面的にサポートしてくれるので、求人を紹介してもらうのを待てば良いですし、人気な非公開求人もあるので、とりあえず登録してエージェントにお任せするのが良さそう。

マイナビエージェント 公式サイトこちら(登録無料)
※マイナビのプロモーションを含みます。

doda


(画像は公式サイトより引用)
転職サイト、転職エージェント、転職スカウト、転職コラム、地域別イベント、3分で年収査定など機能が充実。

求人数も12万件以上(2022.3調べ)とたくさん!

私も転職エージェントの方と面談をしたのですが、とても丁寧なカウンセリングで好印象でした。

かなり条件をあれこれ言ったにもかかわらず、多くの求人を紹介していただきました。

また、LINEでのやりとりも出来て、使い勝手もよかったです。

リクルートエージェント


(画像は公式サイトより引用)

転職サイト、転職エージェント、転職コラムの機能があります。

公開求人、非公開求人合わせて38万件以上(2022.2時点)と圧倒的な求人数を誇ります。

他の転職エージェントに比べると、圧倒的に紹介してもらえる求人数が違います。

登録しておいて損はないです。

JACリクルートメント


(画像は公式サイトより引用)

転職サイト、転職エージェント、転職コラムの機能があります。

役職・技術職・専門職の方、外資系希望の方などがとくにおすすめです。

現在年収500万円以上の方で、今よりぐっと給料UPしたい場合は良い求人に出会えると思います。

基本的には転職エージェントを中心に活用するのが良いと思います。

ビズリーチ


(画像は公式サイトより引用)

転職サイト、転職スカウトの機能があります。

レジュメを登録しておけば、あとはオファーがくるので待ってるだけでOK。

企業や、ビズリーチの審査を合格したヘッドハンターから求人が届きます。

ヘッドハンターの質が高いのが魅力です。

私も登録してオファーを待っていたのですが、すごい給料の求人ばかりでテンションあがりました。笑

友人も先日ビズリーチ経由で転職していました!使ってる人多いですよね。

転職エージェントと合わせて転職口コミサイトも活用しよう!

転職する際に心配なのが「すごくいいこと書いてあるし、転職エージェントもおすすめしてくれているけれど、本当に良い会社なのかなあ?」ということ。

転職の際にはぜひ口コミサイトも併用してみてください。

おすすめをご紹介します!

転職会議


(画像は公式サイトより引用)

無料会員登録すると、その際に合わせて他の転職エージェントも同時に登録することが可能なので、手間が省けます。

このあとご紹介するOpen workと合わせての利用がおすすめです。

Open work(旧Vorkers)


(画像は公式サイトより引用)
ワーママが転職活動するなら、ぜひ見ておいた方が良いのがこちらのOpenwork。

転職サイトだけでは分からない、社風やワークライフバランス、退職理由など本音の部分がわかります。

子育て中のママが社内にいるのか、突発的な早退やお休みに理解はあるのか、ママでも裁量のある仕事をさせてもらえるのか、など気になる情報も得られます。

転職エージェントにおすすめされても、Open workみて「この会社は合わないかも」と思うこともあるかもしれません。

ミスマッチを防げますので、面接を受ける前に見ておきましょう。

おしまい!